トップへ ご 案 内 バックナンバー 創刊号からの総もくじ ご意見はこちらへ


ご案内

更新(2019年10月5日)

トップ画面の最新号全頁には、1298号(2019年10月15日号)を、「トップ」画面に掲載しました。
バックナンバーには、1298号までが並び、
これによって、創刊号(1977年11月1日発行)〜 1298号までの42年余の社会通信が掲載されました。

最新号の表紙では、容量の少ない略式PDFもつくりました。お好きな方で、コピー・印刷など自由に拡散してください。
「創刊号からの総もくじ」も最新号を追加しました。上記と合わせてご活用ください。

  ごあいさつ

とってもシンプルで『旬刊 社会通信』らしいホームページになりました。
皆さんのご感想はいかがでしょうか。
毎月2回の定期発行日(1日と15日付)の3日前に、更新予定です。

 『旬刊 社会通信』は、発行日の1ヵ月後には「バックナンバー」として掲載いたします。
「本誌郵送」もおこなっています、合わせてご活用ください。

出発したばかり、時として不具合もあったりですが、感想ご意見ご要望などをいただきながら、
整えてまいりますので、暖かく見守って下さるようお願い申し上げます。

2014年3月11日 『旬刊 社会通信』発行人 滝野 忠



  ご 案 内


社会通信社
  住  所   東京都渋谷区本町6丁目28ー2ー904
  電話&FAX  (03)3299ー5367
  eメール shakaitsuushin@nifty.com

  事業内容  『旬刊 社会通信』ならびに書籍の発行(発行人 滝野 忠)
  郵便振替  00100ー9ー58431  (名義 社会通信社)
  労 金 中央労金本店bP154163 (名義 社会通信社 瀧野 忠)

◇ゆうちょ銀行( 郵ちょ間の電信振替  ATMのみ無料)
記号 10040 番号 29862351 名義  瀧野 忠(タキノ タダシ)

『旬刊 社会通信』

創刊号(1977年11月1日発行)、1000号までは月3回発行、
その後月2回発行で現在1164号(2014年3月15日発行)、4月1日発行から新体制へ

購読料
  本誌郵送 月額 350円、メール送信 月額 175円、 6ヵ月前納制


社会通信社出版目録一覧

☆1978年6月15日◇増刊号◇
 社会党『中期経済政策
 (第1次試案)』批判
 定価400円

☆1978年9月1日◇号外◇
 社会党『百万党建設の基本構想』批判
 定価400円

☆1979年2月21日◇緊急号外◇
 階級的労働運動の原点
  ―不況・赤字攻撃とどうたたかうか―定価400円

☆1979年10月◇緊急号外◇
 『道』批判者たちへの反批判―
 『道』と科学的社会主義の擁護
 定価500円★

☆1980年7月20日
 新刊B6判260頁岩井章・灰原茂雄編著
 『階級的労働運動への道』
  ―70年代労働運動の総括と80年代労働運動への提言―
 定価1200円(郵送料160円)

☆1981年4月20日
 新刊B6判360頁岩井章・灰原茂雄編著
 『反撃への道』
  ―労働運動の右傾化に抗して―
  定価1500円(郵送料160円)

☆1981年12月◇緊急号外◇
 1982年春闘への実践的提起
定価400円(郵送料含)

☆1982年6月15日
 新刊B6判200頁小林晃編著
 国鉄『再建』をめぐる基本問題
 定価1000円(〒250円)

☆1983年8月◇社会通信二百号記念出版 岩井章・灰原茂雄編著
 反合理化闘争の理論と実践
 予価1200円著★

☆1983年12月1日
 新刊B6判200頁岩下武夫著
 「ソ連脅威論」の虚構
 定価1000円(〒200円)

☆1986年11月
 国鉄闘争―勝利への展望
 定価400円★

☆1987年6月★
 労働戦線の全的統一と全民労連の発足

☆1987年12月★
 号外労戦統一と全国地県評の方針

☆1989年9月6日◇号外◇
 我等らはいま、何をなすべきか
 ―都議選、参院選総括と展望―
 定価400円

☆1992年4月15日◇新刊B6判190頁
 桐原浩著社会通信社編
 「1万分の1の記録」実行委員会
 紙ひとえの選択
 ―国労鹿児島「1万分の1の記録」―
 頒価1000円(〒310円)

☆1995年3月◇新刊◇46版上製2百頁
 上野建一著
 政界再編後を読む
 ―護憲の旗を掲げて―
 1500円(〒310円)